幼少期のテニスについて

Childhood Tennis

一生に一度の時期に身体づくりを

「テニス」と「コーディネーショントレーニング」と「バルシューレ」を組み合わせてレッスンを実施しています。スタジオではきれいなテニスのフォームとフットワークを身に付けながら、スポーツの得意な身体作りを目指しています。

様々な要素を多く吸収できる一生で一度の大切な時期〈ゴールデンエイジ〉である子どもたちにとって、このスタジオは最適な環境です。経験者はテニスの補助運動として、未経験者は基礎となる土台作りにぜひご利用ください。

一生に一度のゴールデンエイジ

さまざまな脳の神経回路が急激に形成される時期を『ゴールデンエイジ』と呼びます。脳の神経系の発育は早く、5~6才頃までに成熟期のほぼ80%に達し、12才頃にはほぼ100%に達します。この時期は「生物学的臨界期」とも呼ばれ、発育が著しい一生に一度の大切な時期です。脳の神経系が急激に発育するこの時期にさまざまな動きを体験することで、運動のセンスを効率よく身につけることができるといわれています。

特にテニスは10才以下の子どもたちが対象となる大会も多く、小学校低学年あたりでかなり本格的になってきます。また、世界のトッププロ選手の多くが幼少期からテニスに関わっていることも事実です。

ぜひ、幼少期からスポーツに携わることをおススメします。